さよなら2018!

こんばんは、朱李です。
ついに2018年も残り30分となりましたね。
振り返りとか少ししたかったけど、振り返るような大きな出来事はあまりなくて。
二つ、「愛」に関することでの変化はありましたが。
一つは、私はノンセクシャルであると気づけたこと。(自認の経緯は来年書きます!絶対!)
もう一つは、恋人とお別れしたこと。
年末に、色々考えました。何故私は、長いこと人と根気強くお付き合いができないのか。
色々考えてメモに書き溜めたので、一部を抜粋しつつ。


恋をするのは簡単だ。好きだって思えばいいだけ。誰でもいいわけじゃないけど。
でも。
でも。
その後(恋と気づき、お付き合いしてから)がよく分からない。突然義務感に苛まれる。こうせねば。ああせねば。やだ、面倒くさい。一人がいい。もっと素敵な人いるかも。ああ、鳥かごから出なきゃ。
そんなことばかり。
飽きてるというより、飽きもあるんだろうけど、逃げたくなる。最初こそ一緒の道を進みたいって思う。
でもね。
相手の気持ちと私の気持ちを天秤にかけた時、大体今までって、私の方が軽いのよね。(私はお付き合いに対して)無責任だから。
最初は重かったはずなのに。身が固まって安心しちゃうのかな。わかんないけど。
求められることが嫌だ。気持ち悪いというか、面倒くさい。相手しなきゃいけないのかって、げんなりする。そんなことくらい自分で処理してくれって。私は、それ以外であなたと笑いたいのだって言っても、だーれも理解してくれんもん。
なんで、そういう繋がり(体の関係)を愛だと思うんだろう?
わかんないなぁ。愛ってなにさー。
来年は「愛とは何か」について真剣に考えなければならんな。や、真面目に、大真面目に。
私にはどうにも、理解しがたいもののようだ。
小説や漫画やドラマや映画で、知ったつもりでいた。こういう時はこうするもんでしょ、これが愛でしょって。
もっと、どうやら、複雑で、奥が深いもののようだ。
これが答えです!って誰か教えてくれたらいいのにね。
愛してるってなんだろう。私は、きっと、なんでもない時間を隣に立って、座って、一緒のものを見て、心を安らげてくれる人を、愛せるような気がする。そこに激しさはいらなくて、愛してるって言葉もいらなくて、お互いが同じ気持ちなんだって目で見て、勘違いでもいいから思えたらいい。多少退屈でもいい。面白いものを探している最中の、束の間の休息がそうであればいい。
そうであってほしい。
共に花を見たい。海を見たい。星を見たい。そんな人の隣にいたい。言葉なんていらない。
私が愛するのはその人(付き合ってる人)じゃない。
その人と過ごす時間が、空間が、胸の奥で鳴っている音楽が、耳に聞こえる空気が、目に刺さる光が、腕に感じる温もりが、私にとっての愛なんだと思うの。


メモなので、完全に普段の言葉遣いで恐縮ですが。
私は、わがままなのかもしれない。
私は、世間知らずなのかもしれない。
私は、無責任なのかもしれない。
私は、優しくないのかもしれない。
人と付き合うと、『私』と言う軸がぶれまくって、怖くなります。私ってなんだっけ、どこからどこまでが私の意思だっけ、となります。
まあ、そーいうわけで。
来年は、私にとって一番心地いい日なたを探したいなと思います。
そういうことも、メモついでにブログに書けたらいいな、なんて。ブログの体裁もブレブレですみませーん笑

と、いうわけで!
今年一年、新しい発見がたくさんあって、新しい世界が開けてきた気がします。
新しい出会いを、また未来の私に託して!(これもある意味無責任)
来年もどうぞ、宜しくお願い致します。
おわり。